婚約で贈る立て爪リング|オーダーメイドで婚約指輪を作ることができる|大切な人と繋がる
新婦

オーダーメイドで婚約指輪を作ることができる|大切な人と繋がる

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚約で贈る立て爪リング

指輪

名古屋で人気の婚約指輪として挙げられるのは、立て爪のものです。指輪と聞くと、このタイプのものを思い浮かべる名古屋の人も、少なくないのではないでしょうか。ソリティアとも呼ばれるこのデザインは、複数の爪で宝石を支えるもので、その数は4、あるいは6つであることが一般的です。宝石にはダイヤモンドが選ばれることが多く、爪が持ち上げて目立つ形になります。光を集めやすく、より美しく輝く婚約指輪となり、シンプルながらも存在感があるのが特徴です。重ね着けに向いているのも、立て爪タイプの特徴と言えます。シンプルであるため、派手めの結婚指輪と一緒に着用すれば対照的な印象を与え、それぞれのよさを引き立たせることができるでしょう。

名古屋で多くの人に選ばれている、立て爪タイプの婚約指輪の欠点として、普段使いしにくい、ということがあります。埋め込みタイプに比べ、洋服などにひっかかりやすいのが理由で、活用法で悩む人も多いです。しかし、工夫次第で、婚約指輪を眠らせず有効活用することができます。例えば、友人の結婚式やパーティーなどの特別な機会に着けるアクセサリーとして、割り切って使う、ということです。立て爪で宝石が際立つこの婚約指輪は、特別感を出すことができ、こうしたシーンでファッションのアクセントにすることができます。また、どうしても普段使いしたい、という人はカラットを下げることも考えましょう。ひっかかることが少なくなり着用しやすくなるだけでなく、購入価格も下がるメリットがあります。名古屋では、こうした工夫で婚約指輪を日常生活にうまくとり入れている人が多いです。